ホーム > 商品ラインナップ > 智通(ちつう)
乳酸菌生成エキス「智通」は、私たちが生まれたときに母親からもらった常在乳酸菌にはたらきかけ、自分にすんでいる乳酸菌が増えやすいような環境をつくってくれます。
乳酸菌生成エキス・智通(ちつう)
品名智通
原材料乳酸菌生成エキス(大豆発酵抽出物)、乳酸、クエン酸
保存方法直射日光をさけて常温で保存してください
賞味期限未開封の場合は製造日から3年間
製造販売元株式会社ビーアンドエス・コーポレーション
  
  
「智通とは?」智通は、乳酸菌そのものではなく、乳酸菌生成エキスです。
「乳酸菌生成エキス」智通は乳酸菌が生み成したエキスです。
16種類の乳酸菌を豆乳の中で発酵・熟成させ、その中から「分泌物」と「菌体物質」の2つだけを抽出してます。
私たちは「本当の健康」のカギはととのった腸内にあると考えています。
腸をととのえる主役は乳酸菌です。
「乳酸菌生成エキス」智通は自分の腸内にすんでいる「私の乳酸菌」をサポートすることに特化しています。
乳酸菌生成エキスの詳細はこちら
ここがポイント
  • その人、その人にもともとすんでいるマイ乳酸菌(私たちは母親からの乳酸菌を継承しています)を
    サポートします。
  • 16種類の厳選した乳酸菌を豆乳の中で発酵させます。乳酸菌が増えにくい豆乳の中で
    あえて育てることで乳酸菌の能力を高めています。
  • 一定の温度管理のもと、1年間熟成させてから優れた成分だけを独自製法で抽出。
    からだによい成分だけが凝縮されています。
  • 植物由来のサプリです。カロリーもほとんどありません。
智通の飲み方
  • あまり冷たすぎる水がおなかに入りますと、身体が冷えてしまいます。
    できれば常温の水か白湯に入れてお飲みいただくことをおすすめします。
    水以外にも、お茶、ジュース、みそ汁などに混ぜてお飲みいただけます。
  • お薬ではなく発酵食品になりますので、基本的にはいつ飲んでいただいてもOKです。
  • 1日数回に分けてお飲みいただいたり、ペットボトルに「智通」1日分を入れて、
    こまめに飲む
    ことをおすすめします。
  • 酸味が苦手な方は、多めの水に薄めてください。
  • 生きた菌は入っていないので、どんな温度のものに入れてもOK
    温かい飲み物でも全く問題ないです。
  • 健康維持のために1日約2ml(容器の2メモリ)を目安にお飲みいただく
    ことをおすすめしています。
乳酸菌生成エキス・智通(ちつう)
品名智通
原材料乳酸菌生成エキス(大豆発酵抽出物)、乳酸、クエン酸
保存方法直射日光をさけて常温で保存してください
賞味期限未開封の場合は製造日から3年間
製造販売元株式会社ビーアンドエス・コーポレーション
  
  
お問い合わせの多いご質問
「乳酸菌生成エキス」智通とは、どのようなものですか?
16種類の厳選した乳酸菌を、無農薬栽培大豆の豆乳の中で育て(特殊共棲培養)、長時間発酵・熟成させ、優れた成分だけを
抽出したエキス。植物由来のサプリです。
「乳酸菌生成エキス」智通は妊娠中に飲んでも大丈夫ですか?
妊娠中の方でも安心してお飲みいただけます。
「乳酸菌生成エキス」智通はいつ飲むのがいいですか?
お好きな時間にお飲みいただいてOKです。おすすめとしては、1日に3~5回に分けてお飲みいただいたり、もしくは、500
mlや1リットル入りのミネラルウォーターのペットボトルに1日分の『智通』を入れて、1日で飲みきってしまう方法です。
「乳酸菌生成エキス」智通はだれが飲んでもよいのでしょうか?
植物由来のサプリです。どなたでも安心してお飲みいただけます。
「乳酸菌生成エキス」智通の保存方法と賞味期限はどうですか?
直射日光の当たらない場所であれば、常温保存でOKです。冷蔵庫に入れる必要はありません。賞味期限は(品質保持期限)
は、3年です。
「乳酸菌生成エキス」智通はどれくらいの期間飲めばよいのですか?
ご自身の健康維持の手助けのために、長く続けられることをおすすめいたします。
よろこびの声をたくさんいただいています
乳酸菌生成エキス・智通(ちつう)
品名智通
原材料乳酸菌生成エキス(大豆発酵抽出物)、乳酸、クエン酸
保存方法直射日光をさけて常温で保存してください
賞味期限未開封の場合は製造日から3年間
製造販売元株式会社ビーアンドエス・コーポレーション
  
  
ご継続には原液タイプの「智通」が 断然お得!!

商品ラインナップ

乳酸菌生成エキス・智通(ちつう)
乳酸菌花粉発酵物・慧達(えたつ)
乳酸菌発酵食物繊維・本清(ほんしょう)

商品ラインナップ

乳酸菌生成エキス・智通(ちつう)

乳酸菌花粉発酵物・慧達(えたつ)

乳酸菌発酵食物繊維・本清(ほんしょう)

商品カタログ

商品ラインナップ