ホーム > 乳酸菌生成エキスとは

乳酸菌生成エキスとは

健康維持のために乳酸菌を増やしましょう。
「乳酸菌生成エキス」は大正時代から研究を重ね、選びぬきパワーアップされた16種類の乳酸菌を、無農薬無化学肥料の大豆を中心とした植物性タンパク質の中で育て、熟成させ、すぐれた成分だけを取りだしたエキス(分泌物)です。
ですから「乳酸菌生成エキス」は乳酸菌そのものではなく、乳酸菌がつくりだした、マイ乳酸菌を増やす生成エキスです。


乳酸菌生成エキスの特徴

私の乳酸菌を増やそう

乳酸菌にも血液型のように相性があって、その人の型にあった乳酸菌しかすみつくことができません。
だから乳酸菌を増やすには、口から生きた乳酸菌を送り込むのではなく、新生児のころから自分の中にいるマイ乳酸菌が増えやすい環境をつくってあげることが大切です。

乳酸菌生成エキスのつくり方

安全と品質を第一に考えています。
農薬は一切使っていません。完全無農薬無化学肥料栽培の大豆を使用しています。土・堆肥には、微生物バランスを整えるため、農業用乳酸菌生成エキスを使っています。
そのため、善玉菌たっぷりの土壌となり、強くしっかりした根が育ちます。
細菌の発酵の良し悪しは、①空気、②水、③気候の3つが影響します。
「乳酸菌生成エキス」は、富士山の麓、静岡県富士宮市でつくられています。
16種類の乳酸菌にぴったりの環境を探し、この地に行きついたのです。
土作りから手間を惜しむことなく、まごころを込めて製品を作っています。
2011年(平成23年)富士工場 健康食品GMP取得
4つの特徴  <16種共棲培養特殊抽出法>

自然のハタラキから生み出されたものです。

16種類の乳酸菌=菌が鍛え合う

100年におよぶ研究の中で、独自に保有している百数種類の乳酸菌から選びぬいた菌を使用し、
培養することにより乳酸菌の能力を鍛えます。

豆乳で育てる=菌を強化

牛乳でなく、繁殖しにくい環境である豆乳で育てることで、乳酸菌の能力を強化します。
(豆乳は無農薬無化学肥料大豆を使用。)

長期間熟成=品質を高める

ヨーグルトのように短期間(約8時間)で熟成させるのではなく、長期間(1年間)熟成させることにより、発酵物に含まれるすぐれた成分の品質を高めます

抽出=効果をシャープにする

熟成した中からすぐれた成分だけを抽出します。菌そのものでなく、菌の分泌物や菌体成分のみを抽出することで、その効果がよりシャープなものとなります

乳酸菌生成エキスの出来上がり!
スポーツインストラクター91名による「乳酸菌生成エキス」1ヶ月間の体感モニター結果

乳酸菌生成エキスの歴史

京都市で、乳酸菌の研究がはじまりました。明治時代が終わろうとするころです。
1905年

医師 正垣角太郎(明治7年生まれ)、エリー・メチニコフの「長寿論」に感動する

まずは自らの身体で乳酸菌療法をためした正垣角太郎。健康体へと変わるのを実感した。
「この喜びをたくさんの人とわかちあいたい。乳酸菌を役立てたい」という志が生まれ、角太郎の研究は始まった。

1914年

日本初のヨーグルト製造販売を京都で開始

前日夜から製造したヨーグルトを早朝に自転車で配達。援助の意味もこめて、学生寮をつくり、学生たちを配達のアルバイトに雇う。早朝に配達をすませた学生たちは、その後、学校へ通った。
1925年

4種類の乳酸菌共糖培養法を確立

4種類の乳酸菌培養液と砂糖溶液を混合し、あまみと滋養のある「エリー」を開発・発売。
これは現代の乳酸菌飲料の原点である。

京都大学と共同研究

医師だった正垣角太郎は京都大学農学部/近藤金助教授、医学部/木村廉教授などと共同研究をつづけていた。
研究をすすめ、「エリー」をバージョンアップした「ソキンL」を発売。また、長期保存と携行が可能な「潤生ソキン」も開発。これは乾燥した粉末のなかに仮死状態の乳酸菌が生きていた。
1937年

ソキン製薬株式会社を設立

「大木合名」、「塩野義商店」(現・塩野義製薬)をつうじ「潤生ソキン」を医薬品として販売。販売店への説明会や勉強会を頻繁におこない、正垣一義らが啓蒙活動に身を投じた。
「潤正ソキン」は粉末状、あるいは錠剤として、戦場へも携帯できるため、陸軍との共同研究で効力が立証された。生きた乳酸菌を服用する製品としては、これが最後である。
1945年

第2次世界大戦により、ソキン製薬株式会社解散

戦争によって工場も長野県松本市へ疎開移転を余儀なくされる.戦後の日本経済の破綻にともない経営が成り立たずに解散。それでも正垣一義たちは研究をつづけ原料を牛乳ではなく、植物である大豆に求めることを試みた。そもそも戦後の物資不足で牛乳は入手できなかったこともあり豆乳を使うことになったのである。

乳酸菌16種共糖培養法を確立

10年前、正垣ー義は大連にて同じく微生物の研究をしていた大谷光瑞師に師事。科学者であり研究者でもある大谷光瑞師は、実は西本願寺22世門主で、仏教に身をささげる人物であった。
大谷光瑞師は「大般涅槃経」にある記述より、乳酸菌の発酵物からすぐれた成分を嫡出する方法を一義に提案。
1980年

乳酸菌発酵ろ液からからだに良い成分を抽出する方法を確立

発酵ろ液から「乳酸菌分泌物」と「乳酸菌細胞をまもる物質」のみをとりだすことに成功。現在の『乳酸菌生成エキス』が誕生。
1984年

乳酸菌生成エキス「智通」発売

仏典の「智慧通達」より命名された「智通」は健康食品として販売。これが『乳酸菌生成エキス』の完成品といっていい。正垣一義は自分の甥である福井正和・正勝とともに「株式会社物心科学生活研究会」を設立。(現在の「株式会社ビーアンドエス・コーポレーション」)
2002年

医療機関用乳酸菌生成エキスサプリメント発売

医療の現場で「智通」が使われていたが、さらに医療用の製品に対するニーズが増加。
医療機関用乳酸菌生成エキスサプリメントは医療機関でもっとも使われているサプリメントとなる。(月刊「健康と医療」ドクター1000人アンケートより)
2004年

飲みきりタイプの乳酸菌生成エキス「ラクティス」発売

 
2006年

ヨーロッパの医学誌「イミュノロジーレター」に論文掲載

新潟大学大学院 安保徹教授による研究。
乳酸菌生成エキス関連サプリメントはこちら
参考資料/NPO法人レックス・ラボ

商品ラインナップ

乳酸菌生成エキス・智通(ちつう)

乳酸菌花粉発酵物・慧達(えたつ)

乳酸菌発酵食物繊維・本清(ほんしょう)

商品カタログ

商品ラインナップ